アンティーク家具の基礎知識

アンティーク家具は修理して何度でも使える!

アンティーク家具は修理して何度でも使える! アンティーク家具を買って、何度でも修理をしながら長く大切に使うことを楽しまれている方もいらっしゃることでしょう。
現代に作られているものでしたら新品なので、修理などの心配はありません。
しかし、本物のアンティーク家具でしたら100年以上経っているわけですので、やはりどこかが傷んでいます。
勿論傷みがひどくない場合はそのまま使うこともできますが、修理をした方がより快適に使うことが出来ます。
また使っているうちに、表面が剥げてきたり、どこか建付けが悪くなってきたりすることもあります。
自分で修理が出来そうでしたら、やってみるのも楽しいと思います。こまめにメンテナンスをすると、長く楽しんで使うことが出来ます。
アンティーク家具は、自分達よりも長くこの世に存在しているものです。アンティーク家具の傷みは、歴史の重みを感じさせ、また使い込んだお洒落感を見せているものでもあります。
修理の時は、そのお洒落感を壊さないように気を付けて行ってください。
傷んできたら何度でも修理をし、長く大切に使っていきたいものですね。

アンティーク家具を上手にリメイクして味を出す!

アンティーク家具を上手にリメイクして味を出す! アンティーク家具は、ヨーロッパで人から人へと大事に使われてきた古い家具のことで、大量生産型の現代家具とは異なった趣が魅力です。
特に、傷がついても直して使うことを前提として作られているので、強度や耐久性、塗装などに大きな違いがあります。
このために、アンティーク家具は手軽にリメイクすることが可能で、自分好みのスタイルに近づけることが出来ます。
具体的には、水性塗料やオイルステインでカラーリングしたり、やすりで角を落として丸みをつけたりなど様々な方法で手を加えることが出来ます。
また、アンティーク家具は全て手作りで作られており、元々の耐久性は非常に優秀です。
このために、かなりのアプローチであれば受け止めるだけの頑丈さが備わっているので、自由に手を加えることが出来ます。
これにより、世界で一つだけのオンリーワンの魅力を、さらに自分だけのものにすることが出来ます。
オシャレな空間を形成したい人にはおすすめです。